ニキビ跡用の化粧品によく含まれているハイドロキノンについて



ニキビ跡化粧品を何度か購入した方はご存知かもしれませんが、

ハイドロキノンという成分が含まれている化粧品が多いんですよね。


ニキビ跡だけでなく、シミや黒ずみ消しに配合されている事もありますし、

皮膚科で保険適用外ですが高濃度4%(化粧品では2%まで)以上のハイドロキノンクリームが貰える事もあります。


ですが、リプロスキンにはこのハイドロキノンが含まれていません。


実はハイドロキノンは元々写真の現像で漂白剤として使われていた成分なんです。

写真屋さんの手が白くなっていたのをキッカケにそういった医薬品や化粧品として配合されるようになったという経緯があります。


なのでハイドロキノンは化学物質として使われていたわけで、副作用や合わない場合にかぶれや炎症、中には白斑が出来てしまうかたも。

白斑というのは皮膚に白い斑点ができてしまう症状で、顔が斑模様になってしまうという恐ろしいもの。


リプロスキンは全ての方が安心してニキビ跡を治せるように考えられた化粧品です。

なのでこういった副作用をもつハイドロキノンは配合しなかったのかもしれませんね。

ハイドロキノンに変わるリプロスキンの美白成分は?

 

ハイドロキノンを使ってないのならリプロスキンはどんな美白成分を使っているのか気になりますよね。

 

 

まず、ニキビの凹凸・赤みや黒ずみなど、色素沈着を綺麗に解消していってくれるリプロスキンの美容成分には「ダーマホワイト」、

 

美肌成分に「酵母エキス」、「イソフラボン」、「アロエエキス」、「ゼニアオイエキス」が含まれています。

 

そしてこれらの成分が浸透しやすいように肌を柔らかくする為の、

 

保湿力の高い「ホメオシールド」、「低分子コラーゲン」、「低分子ヒアルロン」が配合されています。

 

 

さらに上記の成分がお肌に長く留まるようにリン脂質で包んだ「マイクソローム構造」になっています。

 

 

 

これによってお肌の角質層のなかで美容成分と美肌成分がとどまり、健康な肌が維持できます。

 

 

こうすることによって頑固で治りにくいニキビ跡を出来るだけ早く綺麗な肌の状態へ導くよう働きかけてくれるのです。

 

 

なのでリプロスキンにはこう言った工夫のある配合の仕方をしているので、

 

ハイドロキノンを使わなくてもニキビ跡が良くなった方が多くいらっしゃるんですね。

 

 

 Reproskin(リプロスキン)

 

 通常購入でも送料無料でお得に購入出来る方法があります